作成日:2017年11月17日(金)09:48 | 参照数: 7 コメント数: 1

「水道行政」

①平成26年12月16日の高度浄水処理供給開始後の市民の反響等について

 江戸川の水質も年々良くなってきている中、現在流山市では、江戸川の水の約8割を取水して、各家庭の飲み水としております。北千葉浄水場による「高度浄水処理水」の供給開始後からカビ臭や残留塩素等の問い合わせ及び苦情等が減っており、水道水がおいしくなったとの声が数多く寄せられいるとのでした。

 また、おいしくなった水の市民へのPRについては、「広報ながれやま」による周知やセントラルパークフェスタ(上下水道展)、流山市民まつりでのイベントでも紹介しており、特に平成28年度の上下水道展での水道水とミネラルウォーターの飲み比べでは、429名のうち、水道水がおいしい、どちらも大差がないが約53%であり、水道水はおいしいとの評価を得た。更に、平成29、30年度に本市独自のペットボトル500㎖詰めを1万本作成するとの回答を得ました。